歯周病の痛みの特徴・症状とは?虫歯の痛みとの違いはある?

161011_3
歯周病の痛みの特徴・症状とは?虫歯の痛みとの違いはある?

口の中に痛みを感じた時、原因が歯にあるのか歯ぐきにあるのか分かりにくいことがあると思います。
仮に痛みの原因が虫歯でなく歯周病で痛みを感じるとすれば、どのような特徴や症状なのでしょうか。

ここでは、虫歯や歯周病など、その他口腔内で発生する痛みの違いや原因について説明します。

1.虫歯で歯が痛むとき

1-1.虫歯になると歯が痛いのはなぜ?

歯の痛みは、歯の内側にある神経(歯髄)に刺激が届くことによって起こります。

歯は外側に硬質な「エナメル質」で覆われていますので、通常は刺激が届くことはありません。
しかし、歯の内部にある「象牙質」は神経に刺激を伝達するため、虫歯が象牙質まで到達してしまうと痛みを感じるようになるのです。

1-2.虫歯で歯が痛いときの特徴

虫歯が象牙質の層に達して痛みを感じる場合、何らかの刺激(冷たいものや温かいもの)によって一過性の鋭い痛みを感じたりすることが多いです。

更に虫歯が進行してしまうと神経そのものまで到達してしまうこともあります。

そうなると、ズキンズキンと脈を打つような痛み(拍動痛)を持続的に感じ、周囲に波及した痛みを感じるようになります。

1-3.虫歯は原因の場所を特定しやすい

上述の通り、虫歯で発生する痛みは、歯の中にある神経に何らかの刺激が届くことによって起こります。
そのため、痛みがある=虫歯のある場所ということになり、原因の場所を特定しやすいと言えるでしょう。

2.歯周病で痛みを感じるとき

2-1.歯周病での痛みは症状悪化のサイン

歯周病は初期段階で痛みを感じることはありません。

これが歯周病になったことに気付かず、症状が進行しやすい原因の一つとも言えるでしょう。
逆に言えば、歯周病が原因で痛みを感じることがあるとすれば、かなり症状が進行した段階になっていると言えます。

2-2.歯周病で起こる痛みとは?

歯周病で痛みを感じるのはどんなときでしょうか。
歯周病の初期症状は主に歯ぐきの炎症と出血です。この頃はまだ痛みはなく、この時点で対処すれば深刻な事態になることはありません。

しかし、そのまま症状が悪化すると歯ぐきの腫れが進み、歯周ポケットが深くなります。そして「膿がたまる」、「歯の根っこが溶かされグラつきが出始める」などの症状が出ると痛みを伴うことがあります。

2-3.悪化した歯周病による痛みの特徴

歯周病が原因で感じる痛みとしては、膿が溜まったことにより神経が侵されて痛むことで「ズキンズキン」と痛みます。

また、歯の根っこがグラつく場合、周囲の組織も破壊されていますので、食事中に固いものを噛んだ時などに「ズキン」と一過性の痛みを感じることもあります。

更に症状が進行して歯ぐきがブヨブヨの状態になると、歯の根っこ部分が露出します。歯の根の部分は「セメント質」で覆われていますが、刺激を通すため痛みを感じやすくなります。

2-4.歯周病から起こる痛みは治りにくい

歯周病によって起こる痛みは、罹患している歯周組織が直接痛むのではありません。歯周病が引き金となって起こるさまざまな症状から発生する痛みです。
そのため、原因となる箇所が特定できなかったり、ピンポイントで痛みを治すことが困難と言えます。

痛みの部分の治療をしながら根本的な歯周病を治さない限り繰り返すこともありうるのです。

3.その他にもあった! お口の中で痛みを感じる原因

3-1.知覚過敏による歯の痛み

強い歯磨きの圧力や酸の刺激による酸蝕症などにより、エナメル質に傷が入り、刺激を過敏に感じやすくなってしまう症状です。
冷たいもの・熱いものによる鋭い痛みなどを感じやすいのが特徴です。

3-2.歯髄炎・骨膜炎による歯の痛み

虫歯が進行し神経にまで及んだ場合、歯の根の周辺が炎症を起こします。これを「歯髄炎」と言います。

そして炎症がさらに広がると、顎の骨周辺が感染症を起こした状態になります。これを「骨膜炎」と言います。
骨髄炎の症状としては、顎の周囲が熱を持つほど赤く腫れて周囲が痛みます。

3-3.口が関係する病気を発症しているとき

三叉神経痛や舌痛症を患っているとき、発作性の鋭い痛みやビリビリと電気が走るような痛みを粘膜や舌に感じます。
また、顎関節症の場合、食べ物を噛んだり、大きく口を開ける動作を行った際に顎周辺に痛みを感じたり、耳の下あたりに雑音等の違和感を感じることがあります。

3-4.その他、口の中の痛みを感じるとき

親知らずが原因で炎症が起こったときは、食事の際に噛んだり飲み込んだりしたときに痛みを感じることがあります。

また、口内炎ができているときや、口の中を火傷してしまったときはヒリヒリとした表在性の痛みや食べ物などが沁みた時に痛みます。

まとめ

歯の痛みは「放散痛」といって、周囲にも痛みが広がる場合があります。また、歯周病のように直接的に痛むのではない場合もあります。
実際の原因の場所と患者自身が痛いと感じる場所が異なることもあり、自分で痛みの原因を特定することは簡単ではありません。

口の中に痛みを感じることが続くようであれば、早めに歯科医院にて受診されることをお勧めします。

ハーツデンタルクリニック医療法人社団

ハーツデンタルクリニック医療法人社団

投稿者プロフィール

ハーツデンタルクリニックは、皆さまに寄り添い、皆さまの立場で考え、実行する歯科医院を実現するべく設立しました。皆さまが生涯を通して「食事を楽しみ」「周囲を気にせず笑い」「人生を幸せに暮らすことができるよう」努めております。

この著者の最新の記事

関連記事

地域別おすすめ歯医者

北海道・東北
  • 北海道
  • 青森
  • 岩手
  • 宮城
  • 秋田
  • 山形
  • 福島
関東
甲信越
北陸
  • 富山
  • 石川
  • 福井
東海
関西
  • 滋賀
  • 京都
  • 大阪
  • 兵庫
  • 奈良
  • 和歌山
中国
四国
九州・沖縄
  • 福岡
  • 佐賀
  • 長崎
  • 大分
  • 熊本
  • 宮崎
  • 鹿児島
  • 沖縄

ピックアップ記事

  1. ポリリン酸でのホワイトニングのメリット・デメリットとは?
    歯のホワイトニングに関心のある方なら「ポリリン酸」という言葉を耳にしたことがあるのではないでしょうか…
  2. 歯周病対策のための歯ブラシの仕方と選び方(かたさ・毛先)
    歯周病対策として効果的な歯磨きとはどんな方法なのでしょう。 また、その際使用する歯ブラシはどんな…
  3. 重曹うがいの歯のホワイトニングに対する効果とは?
    一部テレビなどのメディアで、重曹を歯ブラシの毛先につけてブラッシングを行うと、数週間で歯が白くなると…
ページ上部へ戻る