同じ場所に何度も繰り返す歯茎の口内炎の原因とは?

同じ場所に何度も繰り返す歯茎の口内炎の原因とは?
同じ場所に何度も繰り返す歯茎の口内炎の原因とは?

口内炎は、かかったことがないという方はおそらくいないと言っていいくらいありふれた炎症です。
そして、同じ場所に口内炎が繰り返しできるという方も珍しくはありません。

では、なぜ同じ場所に口内炎が繰り返しできてしまうのでしょうか?
ここでは、同じ場所に何度も繰り返す歯茎の口内炎について考えられる原因と対処について説明します。

1.歯茎の同じ場所に何度も繰り返す口内炎の原因とは何でしょうか?またその解決法はありますか?

「口内炎」とは口腔内に炎症を総称して、そう呼んでいます。
一般的に口内炎というと、「アフタ性口内炎」の事を指します。

アフタ性口内炎は、数mm程度の潰瘍とその周囲に発赤と腫脹が認められ、物が触れると傷みがでます。
口内炎が発生する原因は、大きく2つのパターンに分けられます。

一つは口腔内の粘膜に何らかの傷ができ、そこから細菌が繁殖しているパターンで、もう一つはストレスや疲労によって体力や免疫が落ちて元々は悪さをしないで体内にいたウイルスが活性化し、炎症を起こしているパターンです。

1-1.口腔粘膜に何らかの傷ができ、そこから細菌が繁殖しているパターン

口腔粘膜が傷つく原因としては、尖った所がある入れ歯、ブリッジ等の人工的な被せ物のずれ、噛み合わせの不整合、筋力の低下に伴い頬や舌をよく噛んでしまう、歯ぎしりなどの習癖で歯がどんどん欠けてきて鋭利な状態になっている場合などが挙げられます。

これらの場合は、入れ歯や噛み合わせの調整をしたりして原因をなくしていく事によって、口内炎の頻繁な再発はなくなると考えられます。

1-2.ウイルス活性化で炎症をおこしているパターン

もう一つの原因であるウイルスが活性化し、炎症を起こしているパターンですが、これは上述のとおり、ストレスや疲労によって体力や免疫が落ちているときに口腔内で炎症をおこします。
これらの場合は、ストレスを発散する、栄養をとって安静にすることが必要ですが、このケースの場合、他の病気にかかっている可能性もあるので、病院での診察をお勧めします。

2.アフタ性口内炎以外の可能性

元々、口内炎は舌、頬粘膜、歯肉、口唇によく発生すると言われていますが、同じところに頻繁に発生する炎症は、必ずしもアフタ性口内炎ではないことがあります。
アフタ性口内炎でないケースで考えられるのは、唾石、天疱瘡、ベーチェット病、アレルギー症状、口腔乾燥症、癌などがあります。

2-1.「唾石」

「唾石」とは唾液腺菅と呼ばれる、唾が流れている管などに溜まる小さな石灰物の事です。
唾石によって唾の正常な流れが滞り、その周囲が腫れて炎症をおこしたりします。大体において唾石が溜まる所は決まっていますので、同じ場所に症状が確認されてきます。
唾石の確認はレントゲンなどで行われます。唾石が溜まっている場合、外科的に取り除く治療が行われます。
唾石を取り除く診療科目は主に口腔外科です。

2-2.「天疱瘡」

「天疱瘡」は、自分の上皮組織を接着する分子に対して、抗体ができる疾患です。
天疱瘡の初期は口腔粘膜にアフタ性口内炎に似ているものが口腔内にできますが、徐々に表面が破れて広がっていきます。

これがアフタ性口内炎と天疱瘡を見分けるヒントとなります。
また、大きさも1cm以上の大きなものができることが多いですので、そのような大きなものが認められる場合、歯科医院にて受診される事をおすすめします。

2-3.「ベーチェット病」

「ベーチェット病」は原因不明の自己免疫疾患ですが、この病気にかかると口内炎が多発すると言われています。
病状としては、小さな口内炎が複数集まって同時に発生します。1週間くらいで、自然に治癒していくのですが、またすぐに再発を繰り返します。

ベーチェット病は他の重大な病気を併発していることがあるので、疑いがある場合は、一刻も早く病院で受診して下さい。

2-4.「アレルギー症状」

歯科医院で治療する際に詰めた物や被せた物、もしくは入れ歯に使われている材料にアレルギー症状がでて、口内炎と勘違いされているケースも考えられます。治療後に異変が起きた場合は、すぐに主治医に知らせましょう。

2-5.「口腔乾燥症」

「口腔乾燥症」は文字通り、唾液の量が減少する病症です。
口腔内が乾燥すると粘膜は傷つきやすくなり、また唾液の抗菌作用が少なくなりますので、細菌も悪さをしやすい状態となり、口内炎ができやすくなるという悪循環に陥ります。
口腔乾燥症が疑われる場合は歯科医院を受診して、相談してみるようにしましょう。唾液の流出を促すマッサージ法を教えてもらったり、人工唾液の薬剤を処方してもらったりすることができます。

2-6.「舌癌」

長期間治らないで、舌に残っている口内炎は、「舌癌」の可能性があります。
1ヶ月経過しても治らず、痛みがあまりなく、境界が不明瞭で、触ると固い口内炎の場合は、一刻も早く口腔外科を受診して下さい。

まとめ

同じ場所に口内炎が繰り返しできる原因と対処、口内炎に似たような症状がでる疾患について述べてきました。
口腔粘膜と舌は、内臓などの健康のバロメーターだと言われます。

過度に不安になる必要はありませんが、普段とは少し違う口内炎ができたり、その他の気になる症状があれば、まずは口腔外科で見てもらうことをお勧めします。

【PR】
八千代市の歯科 ハーツデンタルクリニック八千代中央
「歯は大事だからとことん治したい」という方に、最大の満足と幸せを提供します。
ハーツデンタルクリニック医療法人社団

ハーツデンタルクリニック医療法人社団

投稿者プロフィール

ハーツデンタルクリニックは、皆さまに寄り添い、皆さまの立場で考え、実行する歯科医院を実現するべく設立しました。皆さまが生涯を通して「食事を楽しみ」「周囲を気にせず笑い」「人生を幸せに暮らすことができるよう」努めております。

この著者の最新の記事

関連記事

地域別おすすめ歯医者

北海道・東北
  • 北海道
  • 青森
  • 岩手
  • 宮城
  • 秋田
  • 山形
  • 福島
関東
甲信越
北陸
  • 富山
  • 石川
  • 福井
東海
関西
  • 滋賀
  • 京都
  • 大阪
  • 兵庫
  • 奈良
  • 和歌山
中国
四国
九州・沖縄
  • 福岡
  • 佐賀
  • 長崎
  • 大分
  • 熊本
  • 宮崎
  • 鹿児島
  • 沖縄

ピックアップ記事

  1. ポリリン酸でのホワイトニングのメリット・デメリットとは?
    歯のホワイトニングに関心のある方なら「ポリリン酸」という言葉を耳にしたことがあるのではないでしょうか…
  2. 歯周病対策のための歯ブラシの仕方と選び方(かたさ・毛先)
    歯周病対策として効果的な歯磨きとはどんな方法なのでしょう。 また、その際使用する歯ブラシはどんな…
  3. 重曹うがいの歯のホワイトニングに対する効果とは?
    一部テレビなどのメディアで、重曹を歯ブラシの毛先につけてブラッシングを行うと、数週間で歯が白くなると…
ページ上部へ戻る