親知らずの抜歯後元に戻る(塞がる)までの期間はどのぐらい?

親知らず抜歯後塞がる期間
親知らずの抜歯後元に戻る(塞がる)までの期間はどのぐらい?

親知らずの抜歯をすると、そこには大きな穴が開いてしまいます。歯を1本まるまる抜き取るのですから、当然といえば当然と言えます。

ただ、お口の中に大きな穴があると、違和感を持ってしまい、気になって舌でいじったり、歯ブラシで過剰に磨いたりしてしまうものです。
そこで気になるのが親知らずの抜歯後に、傷跡(穴)が元に戻る(塞がる)までの期間です。

ここでは、親知らずを抜歯したあと、どういった過程を経て穴が塞がるのかについて詳しく説明します。

 

スポンサーリンク

1.親知らずを抜歯した際の穴が元に戻る(塞がる)のは大体どのぐらいの期間?

親知らずの抜歯によって生じた穴は、どういった治療を施したかによって、塞がる期間が大きく異なります。

ここでは比較的簡単に抜くことができた症例と、歯肉の切開などが必要となる難症例に分けて解説していきます。

 

1-1.簡単に抜歯できた症例の治癒期間

親知らずの抜歯後、歯茎にできた穴は血液で満たされます。これはケガをした際の傷と同じです。

私たちの体は、傷口ができるとそこを修復するために、血液で満たそうとするのです。

血液には、損傷した組織を修復する材料などが豊富に含まれ、傷口が細菌に感染するのも防いでくれます。ですから、傷口ができた初期には、非常に重要なプロセスと言えます。

親知らず抜歯後の穴には、治療直後に血餅(けっぺい)と呼ばれるものが出来上がります。

文字通り、お餅のような血液で、抜歯後の穴を軽く塞いでくれています。この血餅自体は、1時間程度で形成されます。ただし、あくまで少し固まりかけた血液でしかないので、親知らず抜歯後の穴を塞いだとはいえません。

簡単に抜歯できたケースであれば、その後1ヶ月もすれば傷口が上皮組織で覆われます。そうなると、抜歯後にできた穴は気にならなくなり、食べ物が詰まるようなこともなくなります。

 

1-2.歯肉切開を伴う難症例の治癒期間

抜歯をするにはひと手間もふた手間もかかるような難症例の親知らずについてです。そもそも親知らずは、斜めに生えていたり、横に生えていたりすることが多いので、簡単に抜歯できるケースはそう多くはありません。

そうした抜歯が難しい症例では、専用の器具でそのまま抜き取るのではなく、親知らずを囲んでいる歯肉を切開することがあります。

歯肉の切開を伴う親知らずの抜歯では、まず第一に、切開した歯肉にも傷口が生じます。
また、親知らずを抜いた後の穴も、比較的大きいだけでなく、形も複雑であることが多いです。

なぜなら、親知らずの形がいびつなため、そのいびつな親知らずを無理矢理抜き取るからです。ですので、簡単に抜歯できた親知らずの症例と比較すると、穴が塞がるまでの時間はそれなり長くなります。

具体的には1ヶ月以上、穴が完全に塞がるまでには、ケースによっては半年かかる場合もあります。

親知らず抜歯後の穴の治癒は個人差が大きく、人により大きく異なりますので、上記の例はあくまでも参考程度にお考え下さい。

ちなみに、血餅ができるまでの期間に関しては、簡単に抜歯できた症例と変わりません。

 

2.穴がふさがるまでの間に気を付けたいことは何があるの?

親知らずを抜いた後にできた穴は、立派な傷口です。
顔や手足に同じような傷口ができたら、かなり気を遣うことかと思います。

しかし、親知らずの傷口(穴)は、口の中で一番奥にあるため、鏡を見ても見えにくく、ついつい傷口であるということを忘れがちになってしまうことがあります。

そこで、親知らず抜歯後の穴が塞がるまでに、気を付けておきたい点について、いくつか解説していきます。

 

2-1.抜歯後の穴を舌でいじらない

お口の中に普段はない穴が開いていると、違和感を持ってしまうため、ついつい下でいじくってしまうものです。

意識的にいじることもあれば、無意識的にいじることもあるかと思いますが、どちらにしても傷口の治りを遅くしますのでやめましょう。

親知らずの穴を舌でいじっていると、せっかくできた血餅が壊され、いつまで経っても傷口が塞がりません。

 

2-2.歯ブラシで傷口を刺激しない

同じような理由で、毎日の歯磨きにも注意が必要です。歯ブラシのブラシ部分は世の中にある、さまざまなブラシの中でも、硬い素材でできています。

それを使って傷口である親知らずの穴をゴシゴシと磨いたらどうなるでしょうか。ある程度想像がつくかもしれませんが、血餅を洗い落としてしまうだけでなく、傷口を悪化させることにもなりかねません。

もちろん、親知らずの抜歯によってできた穴は、できるだけ清潔に保つ必要がありますので、そういう意味ではジレンマが生じます。

幸いにして、私たちのお口の中には、抗菌作用や自浄作用を持った唾液という素晴らしい分泌物が存在しています。
また、血餅にも細菌感染のリスクを下げる作用がありますので、抜歯によってできた穴はそれほど念入りに歯磨きする必要はないのです。

傷口をできるだけ清潔に保ちたいという意識が強い人ほど、ついつい歯磨きに力を込めがちですが、親知らずの抜歯後しばらくは可能な限り刺激を与えないようにしましょう。
具体的には、食べ物が挟まっていたら取り除く程度で問題ないでしょう。

 

2-3.刺激の食べ物や硬い食べ物は避ける

親知らずの抜歯後に注意すべき食事についてです。繰り返しになりますが、親知らずの抜歯後にできた穴は、大きな傷口であり、本来上皮で守られている組織がむき出しになっています。
ですので、刺激の強い食品は可能な限り避ける必要があります。

具体的には、香辛料を沢山使った料理や酸味の強い料理、それから熱すぎたり冷たすぎたりする料理も控えましょう。
抜歯後1週間程度は、傷口に刺激を与えない料理を口にすることをお勧めします。それ以降であれば、徐々に普段の食事に切り替えていっても問題ありません。

また、硬い食べものも注意が必要になります。親知らずの抜歯後は、組織がやわらかくなっていますので、硬い食べもので容易に出血することもあります。

 

まとめ

親知らずを抜歯してできた傷口は、比較的容易に抜歯できる例で、大まかに1ヶ月程度で治ります。
治る過程で、血餅が作られ、少しずつ傷口が塞がっていくこと、いくつか注意すべき点についても言及してきました。

ただ、親知らずによってできた傷は、完全に治るまでにはさらに時間がかかるケースも多くあり、同時に個人差もありますので、詳しくは主治医に聞いてみましょう。

スポンサーリンク

ハーツデンタルクリニック医療法人社団

ハーツデンタルクリニック医療法人社団

投稿者プロフィール

ハーツデンタルクリニックは、皆さまに寄り添い、皆さまの立場で考え、実行する歯科医院を実現するべく設立しました。皆さまが生涯を通して「食事を楽しみ」「周囲を気にせず笑い」「人生を幸せに暮らすことができるよう」努めております。

他にこんな記事も読まれています

地域別おすすめ歯医者

北海道・東北
  • 北海道
  • 青森
  • 岩手
  • 宮城
  • 秋田
  • 山形
  • 福島
関東
甲信越
北陸
  • 富山
  • 石川
  • 福井
東海
関西
  • 滋賀
  • 京都
  • 大阪
  • 兵庫
  • 奈良
  • 和歌山
中国
四国
九州・沖縄
  • 福岡
  • 佐賀
  • 長崎
  • 大分
  • 熊本
  • 宮崎
  • 鹿児島
  • 沖縄

ピックアップ記事

  1. ポリリン酸でのホワイトニングのメリット・デメリットとは?
    歯のホワイトニングに関心のある方なら「ポリリン酸」という言葉を耳にしたことがあるのではないでしょうか…
  2. 歯周病対策のための歯ブラシの仕方と選び方(かたさ・毛先)
    歯周病対策として効果的な歯磨きとはどんな方法なのでしょう。 また、その際使用する歯ブラシはどんな…
  3. 重曹うがいの歯のホワイトニングに対する効果とは?
    一部テレビなどのメディアで、重曹を歯ブラシの毛先につけてブラッシングを行うと、数週間で歯が白くなると…
ページ上部へ戻る