奥歯に対するフロス(糸ようじ)の使い方とは?奥歯の方まで入らないときはどうしたらいい?

奥歯に対するフロス(糸ようじ)の使い方とは?奥歯の方まで入らないときはどうしたらいい?

虫歯になりやすい歯といえば、やはり奥歯です。
なぜなら、奥歯は前歯よりも複雑な形をしていますし、文字通り口の奥に位置しておりブラッシングもしづらいため、必然的に磨き残しが多くなります。

奥歯は、歯と歯の間の汚れが落としにくく、糸ようじといったフロスが不可欠な部位ともいえます。
ここでは奥歯に対するフロスの使い方について説明します。

1.デンタルフロスの種類

奥歯と奥歯の間の掃除に有効なデンタルフロスには、主に二つの種類があります。

一つはホルダータイプと呼ばれるもので、プラスチック製の取っ手がついており、初心者でも扱いやすい仕様となっています。

もう一つは糸巻きタイプと呼ばれるもので、フロスの糸の部分しかないため、慣れるまでには少し時間がかかります。

2.奥歯に対するフロスの効果的な使い方

2-1.Y型のホルダータイプを選ぶ

フロスの扱いに慣れていない方は、糸巻きタイプではなくホルダータイプのフロスのほうが使いやすいと思います。

ホルダータイプのフロスは、さらにF型とY型と呼ばれる二つの種類があり、奥歯に対してはY型の方が圧倒的に使いやすいです。ですので、奥歯にはY型のフロスを使用することをお勧めします。

2-2.鏡を見ながらフロスを使用する

奥歯へのフロスでの掃除は、鏡を見ながら行うのが望ましいです。
なぜなら、自分の感覚だけで奥歯にフロスを入れようとすると、なかなか入らなかったり、入れ忘れたりする部位が出てくることもあるからです。

鏡を見ながらであれば、奥歯の歯間に対して一つ一つ丁寧にフロスを使用することが可能です。

2-3.歯ぐきを傷めないように注意する

フロスはあくまで、歯と歯の間の汚れを落とすための器具ですので、歯ぐきを傷めないよう気をつけましょう。
注意点としては、奥歯へのフロスをあまり深くまで入れ過ぎないようにして下さい。

コツとしては、歯の表面に沿わせるようにフロスを挿入し、歯と歯の間に付着した汚れを擦り取るイメージでフロスを使用すると良いでしょう。

3.奥歯にフロスが入らない場合の対処法

奥歯というのは、前歯と比べて歯と歯の間にある隙間が狭いことが多いです。ですので、奥歯に糸ようじなどのフロスが入らないというケースも珍しくはありません。

特に若い人の場合は、まだ歯間が広がっていないため、奥歯にはなかなかフロスが入らないこともあるかと思います。

そこで、奥歯にフロスが入らない場合の対処法として、原因別に紹介します。

3-1.歯と歯の間が狭くてフロスが入らない

上述の通り、若い人の場合はそもそも歯と歯の間が狭くて、フロスが入らないケースがあります。その場合は、無理をしてフロスを挿入する必要はありません。

なぜなら歯と歯の間が狭いということは、汚れが入りにくい事でもあるのです。フロスが入る範囲で、奥歯の掃除をしていきましょう。

3-2.虫歯があってフロスが引っかかる

歯と歯の間は、最も虫歯になりやすい部位の一つです。
奥歯にフロスを入れて、途中で引っかかるようなことがあれば、それは虫歯の可能性が高いです。

虫歯が原因で奥歯にフロスが入らない場合は、すぐに歯科医院で診察してもらいましょう。専門家である歯科医師が適切な処置を施してくれます。

3-3.フロスの扱いに慣れていない

フロスを使い始めたばかりだと、フロスの扱いに慣れていないため、奥歯にフロスが入らないというトラブルが起こることがあります。
そのような場合は、歯科医院で歯科医師、歯科衛生士からフロスの効果的な使い方を指導してもらうことをお勧めします。

4.奥歯までフロスを使用しないリスクについて

歯と歯の間は、歯ブラシでは掃除することができません。その時有用なのが糸ようじなどのフロスです。フロスを効果的に活用することで、歯と歯の間の汚れをきちんと落とすことができます。
ではもしも、奥歯までフロスを使用しなかったら、どうなってしまうのでしょうか。

結論からいうと、歯と歯の間にプラークや歯石が蓄積していくこととなります。もちろん、プラークや歯石というのは、人によってその量も様々ですので、奥歯にフロスを使わなかったら必ずしも蓄積していくというわけではありません。ただ、そうした汚れが蓄積して、虫歯や歯周病のリスクが高まることはありえます。

ですので、虫歯や歯周病をできるだけ予防したいという方は、是非とも奥歯にフロスを使用しましょう。

まとめ

奥歯にフロスが入らない理由というのは人により原因が異なります。

ただ、いずれにせよ、その状態を放置することは何らかのトラブルを引き起こす危険性が増すだけですので、まずは歯科医院で診察を受けることが望ましいと言えます。

この投稿をシェア

投稿者

ハーツデンタルクリニック医療法人社団

ハーツデンタルクリニックは、皆さまに寄り添い、皆さまの立場で考え、実行する歯科医院を実現するべく設立しました。皆さまが生涯を通して「食事を楽しみ」「周囲を気にせず笑い」「人生を幸せに暮らすことができるよう」努めております。

地域別おすすめ歯医者

北海道・東北
関東
甲信越
北陸
  • 富山
  • 石川
  • 福井
東海
関西
中国
四国
九州・沖縄
  • 福岡
  • 佐賀
  • 長崎
  • 大分
  • 熊本
  • 宮崎
  • 鹿児島
  • 沖縄

ピックアップ記事

  1. ホワイトニングの効果はどれくらいもつの?タイミングは?
    歯のホワイトニングは一度施術したら、それからずっと白い歯が維持されるわけではありません。 やはりホワイトニングの効果というのは段々と落ちていって、しばらくすると元の状態に…
  2. 草加市谷塚のおすすめ歯医者5選
    草加市谷塚のおすすめ歯医者5選
  3. 八千代市のおすすめ歯医者5選
    八千代市のおすすめ歯医者5選
  4. 白井市のおすすめ歯医者5選
    白井市のおすすめ歯医者5選
歯科助手でプロを目指すなら、オフィスウエーブ

ホットガールズ

ホットガールズ

SSL対応


Copyright (C) Dental marketing. All Rights Reserved.