インプラントのメンテナンスの内容とその必要性・重要性について

インプラントのメンテナンス
インプラントのメンテナンスの内容とその必要性・重要性について

インプラントは、一部取り外しができるものもありますが、基本的に取り外しが不要な比較的新しい治療法ですので、ご存じの方も多いと思いますし、実際にインプラントを導入された方もいらっしゃると思います。

しかし、インプラントにおけるメンテナンスの必要性、重要性について皆様はどれだけご存知でしょうか。
ここでは、インプラントのメンテナンスの内容および必要性、重要性について説明します。

スポンサーリンク

1.インプラントのメンテナンスとはどんなことをするのでしょうか?

1-1.インプランント周囲炎

インプラントは顎の骨の中にチタンでできた歯の根の部分を埋入したものですが、インプラントと歯肉の間には、天然の歯と歯肉の間にあるような溝が存在します。

天然の歯の場合、この溝に歯垢などの汚れが長期間溜まった状態になりますと、歯周病菌が増加してその周囲の歯周組織に炎症を起こしますが、インプラントでも同様に歯肉との間の溝に汚れが溜まっていますと炎症を起こします。

天然歯の場合は「歯周病」と呼びますが、インプラントの場合は「インプランント周囲炎」と別の病名で呼びます。

1-2.インプラント部のチェック部位

天然歯の根の表面は歯根膜と呼ばれる組織で覆われているのですが、インプラントにはこの歯根膜がありません。
歯根膜には小さい血管などが付着して、根の周囲の免疫などに大きな影響を与えているのですが、歯根膜の存在しないインプラントは免疫力が働かず、一度炎症が周囲で起こると、なかなか治りにくい状況になります。

そのため、インプラントのメンテナンスでは、インプラントと歯肉の間の溝の状態が安定しているかどうかを、チェックします。
具体的には、溝の深さの変化や、歯肉の炎症の有無、レントゲンによるインプラント周囲の骨量の変化などを調べます。
特にプラークなどが歯と歯肉の間の溝にたまっている場合は、インプラントを傷つけないような特別な器具を用いて、周囲を綺麗にしていきます。

 

必要に応じて、消毒や薬の投与を行い、炎症を抑えるように処置することもあります。
また、歯根膜は、噛み合わせによる受けた力を上手に分散させるクッションのような働きをし、また歯の噛む力を感じて調節する働きがあります。しかし、インプラントにはこの歯根膜がないために、噛む力の調整ができません。
人間の歯は、皆様が思っている以上に強い力で噛んでいるため、歯根膜がないインプラント部位では強い負荷がかかることになり、被せ物が傷んできて、最悪壊れることがあります。

また、インプラントと対合して噛みあっている歯に大きなダメージを与えているケースもあります。
メンテナンスでは、上述の事態が発生していないかのチェックも行い、必要であれば噛み合わせの調整なども行われます。

1-3.人工歯根の違いによるメンテナンスの違い

インプラントはチタン製の人工歯根を使用されるのが主流ですが、骨との良好な結合を促すために、ハイドロキシアパタイトと呼ばれる成分をインプラントの表面にコーティングした「HAインプラント」と呼ばれるものも使用されてきています。

このHAインプラントはたしかに、インプラントと顎の骨との良好な結合に、大きく貢献するメリットがあるのですが、インプラントにハイドロキシアパタイトが噴霧されることで、インプラントの表面が凸凹した荒い状態になっています。

そのため、汚れが付いてしまうと取れにくく、インプラント周囲炎にかかると、炎症が早く進行してしまい、治療が難しくなるデメリットがあります。
結果として、HAインプラントの場合、メンテナンス頻度が増える傾向が見られます。

2.自分でメンテナンス出来る事はなんでしょうか?

インプラント施術後のメンテナンスを定期的にしっかり行っていても、口腔内の汚れは日々溜まってきます。インプラントを長持ちさせるために最も大切なのは、やはりご自身の日頃の口腔内のケアとなります。

2-1.インプラント部位のケアのポイント

人工歯根と接合している被せ物自体は、天然歯の固さに非常に近いセラミック製のため虫歯にはなりません。

よって、インプラントと歯肉の間の溝がどれだけ清潔に保たれているかが重要なポイントになってきます。
インプラントを入れた後は必ず歯科医院から磨き方などの指導があると思いますので、しっかりと理解して、インプラント部位のケアを行っていく事が大切です。

2-2.取り外しの出来る被せ物は歯科医院で

人工歯根と接合している被せ物はセメントで永久固定されているものが多いですが、中にはネジで取り付けられているものもあります。
被せ物がネジで取り付けられているものは取り外しができるため、被せ物を外して直接インプラントを確認しながら、クリーニングを行います。
このクリーニングは、ご自身では出来ませんので、歯科医院で行う事になります。

2-3.食生活の面でのケア

日頃の食事の内容についても、歯科医院でどのようなものが適切なのか、説明があるかと思いますが、最終的にはご自身の判断で選択される事になりますので、ご自身が率先して注意していく事になります。
特に、歯肉の間の溝に入りやすい食べ物、食べカスが残りやすいは要注意です。

2-4.マウスピースによるケア

インプラントは縦の力にはある程度の強さを発揮しますが、歯ぎしりなどによる横の力には比較的弱い特徴を持っています。
歯ぎしりの習慣の兆候が見られる場合には、マウスガードを作ってインプラントを守っていく必要があります。

まとめ

インプラントのメンテナンスは、患者様と歯科医院の双方の協力が不可欠です。
インプラントを受けた方は、積極的に歯科医院のスタッフの方とコミュニケーションをとるよう心がけて下さい。

これから、インプラントをやりたいと考えておられる方は、その歯科医院がインプラント治療を行っているか確認した上で、コミュニケーションをとっている主治医がいる歯科医院に通わられる事をお勧めします。

ハーツデンタルクリニック医療法人社団

ハーツデンタルクリニック医療法人社団

投稿者プロフィール

ハーツデンタルクリニックは、皆さまに寄り添い、皆さまの立場で考え、実行する歯科医院を実現するべく設立しました。皆さまが生涯を通して「食事を楽しみ」「周囲を気にせず笑い」「人生を幸せに暮らすことができるよう」努めております。

■医療法人社団ハーツデンタルクリニック
2010年より千葉県、埼玉県にて開院。
千葉県2医院、埼玉県に1医院を展開。
2010年9月:ハーツデンタルクリニック1号店 西白井にて白井店開院
2014年7月:ハーツデンタルクリニック八千代中央開院 (医療法人社団ハーツデンタルクリニックの分院として開院)
2014年9月:ハーツデンタルクリニック谷塚開院 (医療法人社団ハーツデンタルクリニックの分院として開院)

■院長情報
白井店  院長 永橋克史(ながはしかつし)
もっと「ありがとう」を集めたい。きれいな白い歯が輝く笑顔を見るのは、いいものですよね。歯が健康な人は、イキイキ生きているように見えるもの。人や動物が健康に生きるためには、歯が健康であることが重要です。歯の表面的な治療ではなく、ゲストに満足して帰っていただくために。ゲストから「ありがとう」と言っていただけるように。私たちは、ハーツデンタルクリニックは、コミュニケーションを大切にした診療を心がけています。歯のお悩みやご相談のある方は、是非お気軽にご来院ください。

経歴
1981年城西歯科大学{現 明海大学}卒業
1982年高知県の塩田歯科に勤務。口腔外科を習得。
1985年大阪の芦田歯科に勤務。 歯周外科及び自由診療を学ぶ。
1990年パレットデンタルクリニック(茨城県)に勤務。
2010年ハーツデンタルクリニック開業。
主な研修
1996年スカンジナビアペリオ(歯周病)の権威である岡本浩先生の講習会を受講。
1997年21世紀の咬合医学の川村秋夫先生の講習会に2年間受講。
2000年厚生省認可社団法人日本歯科先端技術研究所にてインプラント100時間コースを受講。
2001年国際歯周病内科学の会員取得。
2006年日本歯科鍼灸教育会より、歯科鍼灸師証を授与。

「痛みや不快な思いで苦しんでいる人を楽にしてあげたい!」「お口のコンプレックスをなくしてあげたい!」そのように考えて日々治療技術の研鑽に取り組んでいます。

院長 緒方 靖(おがた やすし)私やスタッフの治療や対応で患者さんから「ありがとう!」と言われた時に、“人の人生に寄り添える”歯科医師という職業につけて本当に幸せだと感じます。

笑顔で健康であることの幸せは、失ってからはじめて気づくものです。
正しいオーラル習慣を身に付けることが健康の根源であることを地域の皆さまに普及し、

「一生涯、自分の歯で美味しいものを美味しく食べることのできる人生」
「コンプレックスなく自分らしく生きる」

ためのお手伝いをすることが私の役割だと考えています。一人ひとりが患者さんに対して“一番大切な家族として”心から寄り添う気持ち持ちながら診療・サービスに取り組んでまいります。

院長 緒方 靖(おがた やすし)
経歴 1980年3月 日本大学松戸歯学部 卒業
1980年4月 日本大学松戸歯学部 補綴学第一講座 入室
1983年6月 アイデンタルクリニック 非常勤 入職
1985年4月 アイデンタルクリニック 管理開設者に就任
2014年11月 ほたる野歯科第2クリニック 入職
2015年4月 医療法人社団ハーツデンタルクリニック 非常勤 入職
2017年7月 ハーツデンタルクリニック八千代中央 管理者就任

院長:林恒彦(はやし つねひこ)
岐阜歯科大学卒業
大学病院で歯周病治療を専門に診療。
関西を中心に勤務医として経験を重ねる。
開業後、明海大学で博士号を取得するなど研鑽を継続。

ハーツデンタルクリニック設立趣旨 日本の歯科医療をより広く愛される医療へと発展させることによ り、国民の心身の健全性を高めるとともに、我が国の国際社会に おける知の向上に寄与します。 ⇒「歯科医院を元気に!」「日本を元気に!」私達ハーツデンタルクリニックが所在する地域には、たくさんの ゲストが存在します。その中で、ゲストはわざわざ当院を選んで くれたのです。 ゲストが当院を選ぶ際には、様々な葛藤や不安があったはずです。 「今まで通っていた歯医者のほうがいいかなあ・・・」、 「そもそも歯医者に行くのは嫌だなあ・・・」、
そんな中で勇気を振り絞って来院してくれたのです。 そんなゲスト一人ひとりが、 「ハーツデンタルクリニックを選んで良かった。私の選択は間違 いなかった」と、また次もハーツデンタルクリニックにしようと 思える、歯科医療サービスを提供していく、それがハーツメン バーの使命です! ⇒病気での来院ではなく、より美しく。健康になりたいという意識の高いゲストが集まる歯科医院づくりをすすめています。

スポンサーリンク

他にこんな記事も読まれています

地域別おすすめ歯医者

北海道・東北
関東
甲信越
北陸
  • 富山
  • 石川
  • 福井
東海
関西
中国
四国
九州・沖縄
  • 福岡
  • 佐賀
  • 長崎
  • 大分
  • 熊本
  • 宮崎
  • 鹿児島
  • 沖縄

ピックアップ記事

  1. 「草加せんべい」が有名な草加市は、東京都足立区に隣接し、埼玉県内でも有数の人口により特例市に制定…
  2. 八千代市のおすすめ歯医者5選
    住宅団地発祥の地でもある千葉県八千代市は、県内でも7番目の人口を有する市です。市内には東葉高速鉄道、…
  3. 印旛地域の中でも最も東京寄りにある千葉県白井市は、都内へ通勤する人も多くいます。その反面、梨の栽…

SSL対応



ページ上部へ戻る