タグ:糸ようじ

  • 奥歯に対するフロス(糸ようじ)の使い方とは

    奥歯に対するフロス(糸ようじ)の使い方とは?奥歯の方まで入らないときはどうしたらいい?

    虫歯になりやすい歯といえば、やはり奥歯です。 なぜなら、奥歯は前歯よりも複雑な形をしていますし、文字通り口の奥に位置しておりブラッシングもしづらいため、必然的に磨き残しが多くなります。奥歯は、歯と歯の間の汚れが落としにく…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 沢山の糸ようじ

    フロス(糸ようじ)は使い捨て?使い回ししても大丈夫?

    現在では歯科に対する意識が高い方が増え、歯ブラシだけでなくさまざまな補助用具を取り入れている方も増えてきています。 その中で、歯磨きの補助用具として最も使用されるフロス(糸ようじ)ですが、皆様は正しく使えていますでしょう…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フロスイラスト

    フロス(糸ようじ)はいつ使うのがベスト?1日何回使ったらいいの?

    日本でも、予防歯科の概念が広まって、上手に虫歯予防できている人が増えてきています。定期的に歯科検診を受けたり、歯ブラシ以外の清掃器具を使用したりしている人も珍しくなくなってきました。 これらの人の中でも、特にオーラルケア…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 糸ようじを使っている様子

    フロス(糸ようじ)が通らない、引っかかる!それって虫歯のサイン?

    最近では、歯磨きの際に歯ブラシだけでなく、フロスや歯間ブラシを使っている人が増えてきました。 歯と歯との間の歯垢や汚れというのは、普通の歯ブラシでは除去できませんので、良い傾向かと思います。 その中で、フロスや歯間ブラシ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 糸ようじと歯間ブラシ

    フロス(デンタルフロス)・糸ようじ・歯間ブラシの比較・違いとは?

    皆様が習慣として毎日行っている歯磨きは、実は歯ブラシでの清掃だけでは不十分なのです。しっかりと全体を清掃するには、歯ブラシとは別の補助道具を取り入れる必要があります。 代表的なものとして、デンタルフロス、糸ようじ、歯間ブ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

地域別おすすめ歯医者

北海道・東北
関東
甲信越
北陸
  • 富山
  • 石川
  • 福井
東海
関西
中国
四国
九州・沖縄
  • 福岡
  • 佐賀
  • 長崎
  • 大分
  • 熊本
  • 宮崎
  • 鹿児島
  • 沖縄

ピックアップ記事

  1. 2714
    官公庁街や北浜のような金融街のみならず大阪府立大手前高等学校などを有する文教地区でもある。 …
  2. osakatennoji_Top
    大阪市都心部の南東に位置し、大阪環状線内の区の一つである。北・西側は中央区・浪速区、東側は東成区…
  3. 2694
    多くの学校や職場などでは、年に一回、健康診断が行われているかと思います。身長や体重だけでなく、血…
歯科助手でプロを目指すなら、オフィスウエーブ

SSL対応



ページ上部へ戻る