歯磨き粉を使わないとどうなる?(口臭・虫歯・黄ばみ)

歯磨き粉を使わないとどうなる?(口臭・虫歯・黄ばみ)

普段、歯を磨く時、多くの方は歯磨き粉を歯ブラシの毛先につけて、歯を磨いていると思います。

では、歯磨き粉を使わず、歯ブラシのみで磨いた(素磨き)場合、歯磨き粉を使用した場合と比較してどのような違いがあるのでしょうか。

ここでは、歯磨き粉を使用した場合と使用しない場合での歯磨きでの効果の比較とメリット・デメリットについて説明します。

1.歯磨き粉を使わないと、使った時との比較でどうなるか?

そもそも歯磨きを行う際歯磨き粉は必ず必要なのでしょうか。

答えは「いいえ」です。

実は、歯磨き粉を使用しなくても、正しいブラッシングとフロスの使用で虫歯や歯周病は防げることが最近の研究で分かっています。
ただ総合的に見た場合、歯磨き粉を使用した方が、口腔内の健康を維持する効果がより高まると言えるでしょう。

2.歯磨き粉を使用するメリット・デメリットは何か?

それでは歯磨き粉を使用するメリットとデメリットはいったい何でしょうか。

2-1.虫歯予防に関して

まず、虫歯予防において歯磨き粉を使用する最大のメリットは、「フッ素」が配合されていることです。

ご存知の方も多いかもしれませんが、フッ素は歯の質を高め虫歯になりにくい環境を作ります。
フッ素は、歯菌の作り出した酸によって溶け出している歯の再石灰化を促進し、口の中で虫歯菌が増えるのを抑える働きがあります。

虫歯予防に関して、フッ素には絶大な効果があり、特にたくさん虫歯があり、口腔内の虫歯菌が多い方は、フッ素入りの歯磨き粉を使用することで多大な恩恵を受けることができると考えられます。

また、歯磨き粉に含まれている「デキストラナーゼ」という成分は、歯垢を分解して除去しやすくする働きがあるので効果的です。
デメリットとしては、逆に歯磨き粉の力を過信し過ぎて、歯磨き自体が不十分となり、たくさん歯垢が残っている状態になることがあることです。

また、歯磨き粉を歯ブラシの毛先に付けすぎて、口の中がすぐに泡でいっぱいになると、却って歯磨きの効果が落ちてしまい、歯磨きがしっかり行えていない状態になってしまう事があげられます。

2-2.口臭に関して

歯垢が原因で起こる口臭は、食べカス等を口の中の細菌が分解して、硫黄化合物を発生させることによって起こります。

今の歯磨き粉には、口臭対策として、ハーブなどを配合して、口臭を防ぎ、爽やかな匂いを発するように作られているものなど、様々な種類のものがあります。これが口臭に関する歯磨き粉のメリットになります。

デメリットとしては、歯磨き粉を使用することですぐに爽快感が得られるため、実際には歯垢が残っている状態でもきれいに磨けたと勘違いしてしまう事があることです。

2-3.黄ばみや着色に関して

ほとんどの歯磨き粉の中には、「研磨剤」が含まれていて、歯の表面の着色などを磨き落とすのを助けています。
ただし、研磨剤入りの歯磨き粉で強い力で歯を磨いていると、歯の表面が削られてしまい凸凹になり、かえって茶しぶ等の着色が付きやすい状態になってしまうこともあります。

この研磨剤は、メリット、デメリット両方の面があり、また磨く力に個人差があることもあり、歯科医師の中でも配合の是非について意見が分かれています。

研磨剤を入れない方が良いという歯科医師の中には、研磨剤が含まれていない歯磨き粉を使用して歯の表面へのダメージを防ごうという考えをお持ちの方もいらっしゃいます。

2-4.歯周病予防に関して

歯周病対策によるし歯磨き粉のメリットは、殺菌作用の高い「クロルヘキシジン」を配合しているものや、歯肉の腫れや出血を抑えたりする成分が含まれていることです。最近では ビタミンCを配合して、健康な歯肉になるように効果を期待している歯磨き粉もでてきています。

デメリットとしては、前述と同様、歯磨き粉を使用することによって、すぐに磨いた気になってしまうことです。
特に歯周病の際のブラッシングは、歯垢を取り除くことはもちろん、歯肉へのマッサージ効果も求められます。

不十分なブラッシングでは、歯周病予防について、期待通りの効果が得られにくいということになります。

2-5.その他

その他の歯磨き粉を使用するメリットとしては、知覚過敏対策に特化した歯磨き粉はかなり効果が認められていることが挙げられます。
歯ブラシを嫌がるお子様に対して、フルーツなどの香り付きの歯磨き粉を使用することによって、歯磨き習慣の導入の手助けになることなどがあります。

デメリットとしては、あまりにも多くの種類の歯磨き粉が販売されているために、どの歯磨き粉を選べばいいのか迷ってしまうことが挙げられます。
歯磨き粉は、効果に対して過大な表現の広告があることがままあり、あたかもその歯磨き粉を使用すれば色々な問題が解決するといった誤った理解をしやすいというものがあります。

まとめ

歯磨き粉は、虫歯、歯周病、口臭予防などの手助けとなり、時には大きな効果を発揮することもあります。

しかし、基本は日々の適切な歯磨き、フロス、食習慣が大切であり、基本がおろそかになってしまうと、どのような歯磨き粉を使用しても思うような効果がでることはありません。

その事を理解した上で、歯磨き粉を使用して歯磨きをされることをお勧めします。

この投稿をシェア

投稿者

ハーツデンタルクリニック医療法人社団

ハーツデンタルクリニックは、皆さまに寄り添い、皆さまの立場で考え、実行する歯科医院を実現するべく設立しました。皆さまが生涯を通して「食事を楽しみ」「周囲を気にせず笑い」「人生を幸せに暮らすことができるよう」努めております。

地域別おすすめ歯医者

北海道・東北
関東
甲信越
北陸
  • 富山
  • 石川
  • 福井
東海
関西
中国
四国
九州・沖縄
  • 福岡
  • 佐賀
  • 長崎
  • 大分
  • 熊本
  • 宮崎
  • 鹿児島
  • 沖縄

ピックアップ記事

  1. ホワイトニングの効果はどれくらいもつの?タイミングは?
    歯のホワイトニングは一度施術したら、それからずっと白い歯が維持されるわけではありません。 やはりホワイトニングの効果というのは段々と落ちていって、しばらくすると元の状態に…
  2. 草加市谷塚のおすすめ歯医者5選
    草加市谷塚のおすすめ歯医者5選
  3. 八千代市のおすすめ歯医者5選
    八千代市のおすすめ歯医者5選
  4. 白井市のおすすめ歯医者5選
    白井市のおすすめ歯医者5選
歯科助手でプロを目指すなら、オフィスウエーブ

ホットガールズ

ホットガールズ

SSL対応


Copyright (C) Dental marketing. All Rights Reserved.