歯ブラシの適切な交換時期(替える頻度)とその理由

歯ブラシの適切な交換時期(替える頻度)とその理由
歯ブラシの適切な交換時期(替える頻度)とその理由

歯ブラシは毎日使うものですから、できる限り清潔に保ちたいものですよね。
歯磨きをした後にはしっかりと洗って、自然と乾燥するような場所に保管しておくことが基本です。

ただ、いくら歯ブラシのケアを念入りに行っていても、同じ歯ブラシを長く使い続けていては、衛生的ではありません。
ここでは、歯ブラシの適切な交換時期について詳しく解説します。

スポンサーリンク

1.歯ブラシの適切な交換時期

皆さんは歯ブラシをどのくらいの頻度で交換していますか?

歯ブラシというのは、毛先が透明で汚れがついていても目立ちにくいため、替えることなくついつい使い続けてしまうことも珍しくはありません。
ですから、人によっては3ヶ月間同じ歯ブラシを使い続けることがあります。

正直これは、歯ブラシの適切な交換時期とはいえません。
歯ブラシを替える適切な頻度としては、1ヶ月に1度が一般的です。

ただし、ブラッシングの方法や歯磨きの回数によっては、1週間に1度交換しても良いといえます。
経済的に余裕があれば、1週間に1度交換して、歯ブラシがいつでも清潔な状態を保ちましょう。

2.歯ブラシを長く使い続けることのデメリット

歯ブラシというのは、とても丈夫に作られていますので、3ヶ月間同じものを使い続けることは十分可能です。
それだけに「まだ使える」という意識が働いて、新しい歯ブラシに替える頻度が低下してしまう人もいらっしゃいます。

もちろん、1つのものを長く使い続けることはとても大切なことですが、衛生用品に関しては少し考え方を改める必要があるかもしれません。

なぜなら、歯ブラシを長く使い続けると、健康に関する様々なデメリットが生じるからです。

2-1.歯ブラシの清掃効果が低下する

交換したばかりの歯ブラシは、毛先がしっかりと立っていて清掃効果が非常に高いです。ペングリップと呼ばれる鉛筆を持つ形でブラッシングしても、効率的に歯面の汚れを落とすことができます。

歯ブラシを歯面に押し当てるブラッシング圧も小さくて済みます。では、同じ歯ブラシを長く使い続けていくとどうなるでしょうか。

歯ブラシの弾力は失われ、毛先はボサボサになっていきます。そうなると、ペングリップで軽く磨いただけでは、歯の汚れが落ちなくなってくるため、必然的に磨き残しが増えてきます。
その結果、虫歯や歯周病にかかりやすくなります。

2-2.歯にダメージを与えやすくなる

歯の表面は、エナメル質という硬い組織に覆われています。

人体で最も硬い組織だけに、そう簡単に傷ついたりしなさそうですが、実はそうでもありません。
歯のエナメル質は、過度なブラッシング圧がかかると、それなりにダメージを受けるのです。同じ歯ブラシを使い続けると清掃効果が低下し、無意識的にもブラッシング圧が高まっていきますので、歯にダメージを与えるリスクも上昇するのです。

2-3.歯ブラシが細菌の温床となる

口腔内には沢山の細菌が住み着いています。それを除去するのが、歯磨きの1つの目的でもあります。

ただ、歯ブラシを替える時期が適切でないと、歯ブラシ自体が細菌増殖の場所となってしまうことがあります。
歯を磨いた後というのは、どんなにしっかりと歯ブラシを洗っても、一定数の細菌は残存しています。

それが1ヶ月、2ヶ月と続いていくと、歯ブラシに残っている細菌の数もどんどん増えていくのです。
細菌が増殖した歯ブラシで歯磨きをすることは決してお勧めすることはできません。

3.2週間以上交換しなかった場合のリスクとは?

歯ブラシの適切な交換時期としては、一般的に1ヶ月に1度が目安となっていますが、1週間に1度替えることができるのであれば、それがベストといえます。

なぜなら、歯ブラシは新しいものほど汚れが少ないですし、効率よく歯を磨くことができるからです。

例えば、2週間以上歯ブラシを交換しなかったら、歯ブラシの毛は劣化していきますので、弾力が失われたり、毛先がボロボロになったりします。

また、歯ブラシに付着した細菌の数も次第に増えていくことでしょう。そうした歯ブラシを使い続けると、歯を傷めるだけでなく、虫歯や歯周病にかかりやすくなりますので注意が必要です。

3.まとめ

歯ブラシの最適な交換時期には、上述したような理由があります。

せっかく時間をかけて歯を磨くのですから、道具も最適な状態で使用することを強くお勧めします。

スポンサーリンク

ハーツデンタルクリニック医療法人社団

ハーツデンタルクリニック医療法人社団

投稿者プロフィール

ハーツデンタルクリニックは、皆さまに寄り添い、皆さまの立場で考え、実行する歯科医院を実現するべく設立しました。皆さまが生涯を通して「食事を楽しみ」「周囲を気にせず笑い」「人生を幸せに暮らすことができるよう」努めております。

他にこんな記事も読まれています

地域別おすすめ歯医者

北海道・東北
関東
甲信越
北陸
  • 富山
  • 石川
  • 福井
東海
関西
中国
四国
九州・沖縄
  • 福岡
  • 佐賀
  • 長崎
  • 大分
  • 熊本
  • 宮崎
  • 鹿児島
  • 沖縄

ピックアップ記事

  1. 2714
    官公庁街や北浜のような金融街のみならず大阪府立大手前高等学校などを有する文教地区でもある。 …
  2. osakatennoji_Top
    大阪市都心部の南東に位置し、大阪環状線内の区の一つである。北・西側は中央区・浪速区、東側は東成区…
  3. 2694
    多くの学校や職場などでは、年に一回、健康診断が行われているかと思います。身長や体重だけでなく、血…
ページ上部へ戻る