妊娠中(妊婦)や授乳中に歯のホワイトニングをしても平気?

妊娠中(妊婦)や授乳中に歯のホワイトニングをしても平気?
妊娠中(妊婦)や授乳中に歯のホワイトニングをしても平気?

妊娠中や授乳中の女性はホワイトニングを受けることができるのでしょうか?
このような時期は母体を通じて胎児や乳児への影響が心配になるものです。

ホワイトニングと妊娠・授乳の関連性として、胎児や乳児への影響は大丈夫なのでしょうか?その点を考慮し、種類によってできるものとできないものはあるのでしょうか?

ここでは、妊娠中や授乳中に歯のホワイトニングについて説明します。

スポンサーリンク

1.ホワイトニングは妊娠中・授乳中もできる?

1-1.ホワイトニングによる母体を通じて胎児・乳児への影響は?

実のところ、ホワイトニングをすることによる影響に関しては、厳密には分かっていません。

ホワイトニングの際に、もし影響することがあるとすれば、薬剤に使用される「過酸化水素水」が歯だけに作用するのか体内に取り込まれた場合に分解されるのかという点だと思います。

しかし、これを人体で確認する訳にもいかず、影響がないと言い切ることができないのが実状です。

1-2.妊娠・授乳中の薬の使用は推奨されていない

ほとんどの市販の薬の禁忌事項に「妊娠中」「授乳中」と書かれています。
しかし、中には飲んでも胎児や乳児に影響のないとされているものも含まれています。

ただ、単体では問題がなくても、総合的に見て安全である、影響がないと言えないのです。

ホワイトニングに関しても悪影響はないであろうとされていても、万が一もないとは言えないので、妊娠中や授乳中の時期であれば、あえて不要なリスクは抱えなくてもよいのでは、と考えられてのことです。

1-3.やむを得ず使用するレベルであるかどうか

妊娠中・授乳中、「薬剤を使用することで使用しない場合よりもメリットがある」と判断された場合は使用することがあります。
しかし「ホワイトニング」をするというタイミングが、果たしてこの時期に必要な事柄であるかを今一度考えてみることをお勧めします。

2.ホワイトニングの種類と妊娠中・授乳中の施術について

2-1.自宅でできる「ホームホワイトニング」

ホームホワイトニングは特殊な器械が不要で、自宅で手軽にできる方法です。ただし、使用される薬剤も悪影響がないよう低濃度のものが使用されています。そのため、白くなったと実感するまでにかなりの時間を要します。

そこで結婚式など「この日までに」というような時間の制限がある場合、ホームホワイトニングはお勧めできません。

また、ホームホワイトニングはマウスピースを入れっぱなしにする時間帯が必要で、悪阻がある、育児中にその時間が取れるかどうかという点でも難しいと思われます。

2-2.歯科医院でプロの施術「オフィスホワイトニング」

オフィスホワイトニングは、歯科医院で特殊な器械や高濃度な薬剤を使用して行います。

ホームホワイトニングに比べて早く結果を出すことができますが、薬剤の濃度が高いことや通院などを考え、妊娠中や授乳中は行わない歯科医院がほとんどです。

3.妊娠中・授乳中に歯を白くしたいとき

3-1.妊娠中・授乳中でもできる「歯を白くする」方法はある?

少なからずとも「リスク」を考えると、やはり妊娠中・授乳中は薬剤を回避したいものです。

では、歯を白くする方法はホワイトニングだけでしょうか?
考え方を変えて、白くならずとも着色などを予防することも一つの方法です。予防策を行いながら、子育てがひと段落してホワイトニングを行うという方法もあります。

3-2.歯のマニキュアを塗布する

結婚式等、大切な場面に合わせて歯を白くしたいとお考えの場合、歯のマニキュアを歯面に塗布する方法があります。
市販されている薬剤を自身で歯に塗布するもので、1本2,000~3,000円程度で市販されており、持続期間は約1日です。

3-3.ホワイトニング歯みがき粉を使用する

歯の表面にできた細かい傷に色素新着してしまうと、歯磨きだけでは落すことができません。

そこで、歯の黄ばみや黒ずみを落とす成分が配合された歯みがき粉を使うことで、色素新着を防ぐことができます。さまざまな種類があり、普通の歯磨き粉よりも値段が高め。効果や用法などをよく理解して使用するようにしましょう。

3-4.色素沈着しやすいものを控える

歯の表面の歯垢は歯みがきで落とすことができますが、色素は一旦歯面についてしまうとなかなか落とすことができません。

そこで、妊娠中・授乳中の期間だけでも、色素新着しやすい食べ物や飲み物を控えるということも一つの方法です。

コーヒー・紅茶などの色素、タバコのニコチン等が色素新着しやすいものですが、これらは妊娠・授乳中控えるように言われているものでもあるため、取り組みやすいと思います。

まとめ

妊娠中や授乳中にホワイトニングを行うことでの悪影響は確認されていません。しかし、とてもデリケートな時期であり、リスク回避を考えると、あえてこの時期に行わなくてもよいと思います。
この時期は母体や胎児・乳児に影響のない方法で色素沈着を予防したり、必要であれば対処療法でしのぎ、落ち着いた時期にホワイトニングされることをお勧めします。

スポンサーリンク

ハーツデンタルクリニック医療法人社団

ハーツデンタルクリニック医療法人社団

投稿者プロフィール

ハーツデンタルクリニックは、皆さまに寄り添い、皆さまの立場で考え、実行する歯科医院を実現するべく設立しました。皆さまが生涯を通して「食事を楽しみ」「周囲を気にせず笑い」「人生を幸せに暮らすことができるよう」努めております。

他にこんな記事も読まれています

地域別おすすめ歯医者

北海道・東北
関東
甲信越
北陸
  • 富山
  • 石川
  • 福井
東海
関西
中国
四国
九州・沖縄
  • 福岡
  • 佐賀
  • 長崎
  • 大分
  • 熊本
  • 宮崎
  • 鹿児島
  • 沖縄

ピックアップ記事

  1. 2714
    官公庁街や北浜のような金融街のみならず大阪府立大手前高等学校などを有する文教地区でもある。 …
  2. osakatennoji_Top
    大阪市都心部の南東に位置し、大阪環状線内の区の一つである。北・西側は中央区・浪速区、東側は東成区…
  3. 2694
    多くの学校や職場などでは、年に一回、健康診断が行われているかと思います。身長や体重だけでなく、血…
ページ上部へ戻る