椿 知之先生のホワイトニングコラム「笑顔で人生を幸せにする秘訣」

椿 知之先生のホワイトニングコラム「笑顔で人生を幸せにする秘訣」

クリスマス前にホワイトニングで最高の笑顔を?
「デンタルブログ」×「ティースアート」
日本のホワイトニングのパイオニア的存在「椿 知之先生」によるホワイトニングコラム!
正しい知識と正しい施術で素敵な笑顔!をゲット!
クリスマスデートを最高の1日に!2018年「モテ期」到来!!

スポンサーリンク

ホワイトニングとは…

ホワイトニング
ホワイトニングは1989年にアメリカで実用化された技術で、歯の表面に付着した色素のみを落とすのでなく、歯自体を白くしていくものです。

歯の表面を傷つけることなく歯の中にある色素を分解して歯の明るさを上げて白くしていくのです。

施術方法は歯の表面の汚れを落とした後、ホワイトニング剤(ペルオキサイド)を歯の表面に塗ります。これにハロゲンライトやレーザー、プラズマライトなどを当ててこのホワイトニング剤を活性化させ、歯の中にある色素を分解していきます。

以前はホワイトニングのことを色素を抜くことからブリーチングと呼んでいましたがブリーチというと強力な薬品を使ってかみの毛や衣類を漂白することを連想させるので、現在ではアメリカでもブリーチングよりホワイトニングという言葉が好まれるようになりました。

この技術の出現によりそれまでは歯を削ってセラミックを被せることでしか白くすることができなかったのが、自分の歯を残して白くすることができるようになったのです。

ただしこの効果は個人個人によってかなりの差があります。

元々歯の色が濃い人、子供のときに飲んだ風邪薬が原因で歯の色が濃くなってしまった人はホワイトニングの効果は低くなりますし、着色性食品を好む人はホワイトニング後の再着色が早く起こります。

ホワイトニング
また、ホワイトニングにはメンテナンスが不可欠です。1回白くすれば終わりというものではありません。

定期的なお手入れをしていかないと徐々に歯の再着色が起こるのです。通常、半年位から色が付き始め、何もお手入れをしないと約2年で元の歯の色に近くなってしまいます。

日本では歯に関しては治療が終了するとそれで終わり。また痛くなったら健康保険で治せばいい、と思っている人が多いのではないでしょうか。実は歯に限らず体の病気は定期的なチェックとメンテナンスが必要なのです。

ホワイトニングに興味はあるんだけどちょっと抵抗があるという人もいるのではないでしょうか。「歯をいじるのが怖い」と思っていませんか?

ホワイトニングは美容整形ではありません。歯を削って被せることは歯の美容整形といえるかもしれませんが、ホワイトニングは歯のケアのひとつでお肌の美白と一緒です。

出典元:ティースアート情報館より全文転載 http://www.teethart.com/jyohokan/page002.html

椿 知之先生とは?

椿 知之先生
1963年東京生まれ。1988年日本歯科大学卒。
米国ハーバード大学歯学部で審美歯科を学んだ後、1995年、銀座に日本で初めての歯のホワイトニングサロン『ティースアート』をオープンさせた日本におけるホワイトニングのパイオニア。

日本人の歯を欧米レベルまで向上させることを目標にサロンを全国展開、現在のホワイトニング・ブームの火付け役となる。年2回、アメリカで行われる審美歯科学会に出席、日本とアメリカのホワイトニングカンパニーと提携し、安全で効果的なホワイトニングを研究、実践している。

Dr.TSUBAKIは日本歯科審美学会認定のホワイトニング コーディネーター委員長、講師をしており、全国のホワイトニングサロン、歯科医院に勤務しているホワイトニング コーディネーター10,000名の講義を担当しました。

資格 等

  • ホワイトニングコーディネーター
  • エル オンライン ビューティー ティップス アドバイザー
  • All About Profile 専門家
  • yahoo!ヘルスケア第一回ホワイトニング特集監修
  • アメリカ審美歯科学会(ASDA)認定医、フェロー
  • 日本歯科審美学会 常任理事、認定医、ホワイトニングコーディネーター委員長、講師
  • 日本アンチエイジング歯科学会 常任理事、認定医
  • アメリカ美容歯科学会(AACD) 会員
  • 国際審美歯科連盟(IFED) 会員
  • アジア審美歯科学会 会員
  • 日本歯科人間ドック学会 会員

著書

  • 「私は白い歯」
  • 「At Home ホワイトニング」
  • 「漂白~white whiter whitest」
  • 「ホワイトニングマニュアル」-すべての人に白い歯をー
  • 「ホワイトニング&プリベンション」
  • 「みんなが知りたいホワイトニングQ&A」

など多数

ティースアートは毎月約1,000人、1995年のオープンから現在までに15万人以上の方にホワイトニングを行っています。これは世界的にもトップレベルの施術数です。

また、ティースアートでは、すべてのスタッフが同じ施術を行い、同じ結果が出るように、施術をマニュアル化しています。このマニュアルはホワイトニングコーディネーター講師で、アメリカ審美歯科学会認定医のDr.TSUBAKI監修のもとで作成されたもので、ティースアートのすべてのスタッフに共有されています。

ホワイトニングサロン「ティースアート」について、詳しくはこちら

椿先生のホワイトニングコラムはこちら


椿 知之先生のホワイトニングコラム
column Vol.1「日本とアメリカのお口の違い
(大人になったらホワイトニングは当たり前!?)」


皆さまは日本人とアメリカ人の歯の違いに違和感を覚えられたことはありませんか?実は日本人ってお口が汚いと思われているのかもしれません。
デンタル・マーケティング

デンタル・マーケティング

投稿者プロフィール

歯科医院業績向上コンサルティング企業「デンタル・マーケティング」 ・コンサルティング事業 / ・マーケティング事業 / ・情報提供サービス事業

スポンサーリンク

他にこんな記事も読まれています

地域別おすすめ歯医者

北海道・東北
関東
甲信越
北陸
  • 富山
  • 石川
  • 福井
東海
関西
中国
四国
九州・沖縄
  • 福岡
  • 佐賀
  • 長崎
  • 大分
  • 熊本
  • 宮崎
  • 鹿児島
  • 沖縄

ピックアップ記事

  1. 歯のホワイトニングは一度施術したら、それからずっと白い歯が維持されるわけではありません。 …
  2. 「草加せんべい」が有名な草加市は、東京都足立区に隣接し、埼玉県内でも有数の人口により特例市に制定…
  3. 八千代市のおすすめ歯医者5選
    住宅団地発祥の地でもある千葉県八千代市は、県内でも7番目の人口を有する市です。市内には東葉高速鉄道、…
  4. 印旛地域の中でも最も東京寄りにある千葉県白井市は、都内へ通勤する人も多くいます。その反面、梨の栽…
歯科助手でプロを目指すなら、オフィスウエーブ

ホットガールズ

ホットガールズ

SSL対応



ページ上部へ戻る