親知らずを放置するとどうなる?どんな影響がある?

親知らず放置するとどうなる?
親知らずを放置するとどうなる?どんな影響がある?

「親知らずが気になる、なんとなく痛い感じがする、でも歯科医院にはなかなか行く機会がない…。」
そのような方は多いと思います。

痛みのある親知らずをそのまま放置するのは良くありません。
場合によっては、入院、手術が必要なほど重症になることがありえます。

ここでは、親知らずを放っておくと良くない理由と治療の流れについて説明します。

スポンサーリンク

1.親知らずは虫歯や歯周病にかかりやすい

親知らずは、ご存じのとおり、歯の中でいちばん奥にあり、歯磨きしても汚れが残りやすい歯です。

歯の衛生状態が悪ければ当然、虫歯や歯周病にかかりやすく、また一番奥にあり、なかなか見づらいため発見が遅れがちです。

痛みなどの違和感を本人が自覚するときには、ずでにかなり病状が進行していることがあります。

 

1-1.口の中から見えなくても親知らずが埋まっていることがある

一見しても奥歯をみても虫歯はないが、なんとなくむずむずする、腫れている感じがあるといった自覚症状がある場合、歯ぐきのなかに埋まっている親知らずがあるかもしれません。

歯ぐきに埋まっている親知らずは、実は手前の歯の歯周ポケットが開いていることが多く、そこを通じてお口のなかの汚れや細菌が入りこんでしまい、炎症が引き起こされている場合があります。

 

1-2.親知らずの虫歯

前述のとおり、親知らずは不衛生になりやすく、虫歯になりやすい歯です。

また、口の一番奥にあり、目で見ても非常に視界が不良のため、歯科医師でも発見しづらく、また口を大きく開けてもドリルがとどきにくいため、歯科医師泣かせの歯でもあります。

親知らずが虫歯になっても、親知らず自体は最悪抜いてしまえば良いですが、問題は親知らずの手前の歯です。

親知らずとその手前の歯の両方が虫歯になってしまい、最悪の場合両方を抜歯しなければならないというケースもあります。

 

1-3.智歯周囲炎

歯周病はお口のなかにある悪い細菌である「歯周病原細菌」が増えることによって起こります。

親知らずは、前述のとおり歯周病原細菌が増えやすい環境にあります。

歯周病原細菌は毒素を出し、毒素から自分の体を守るため免疫が働き、防御反応として腫れや熱、痛みといった炎症が起こってしまいます。

親知らずの周りで起こる歯周病には特別な名前がついており、「智歯周囲炎(ちししゅういえん)」と言います。

智歯周囲炎は、親知らずの周りの歯肉や骨に炎症が起こりひどくなると、頬の筋肉や扁桃腺までどんどん炎症が広がっていき、痛くなったり腫れてしまったりします。

痛みや腫れは風邪をひいたときなど、体全体の免疫が下がったときに起こりやすく体調が良くなると症状が改善することが多いため、患者様の多くは治ったと錯覚し、放置することが多いのです。

智歯周囲炎の治療は、まず急性炎症を落ち着かせることが第一です。

軽度の場合は抗生物質を飲んでもらい歯周病原細菌の働きを抑えることによって炎症をおさえます。

進行して膿がたまっている場合は歯ぐきを切ったりして、膿を外に出して痛みをとり除きます。

痛みや腫れが落ち着いた頃に抜歯を行うことで、智歯周囲炎の治療は終了します。

 

1-4.蜂窩織炎

一度親知らずの周囲の歯肉や骨に炎症が起こると、自然治癒することはほとんどなく、症状がないまま炎症が続いて炎症が慢性化します。

じわじわと炎症が広がっていき、慢性炎症は体全体の免疫が下がった時などに再び急性炎症が起こります。急性炎症が起こると頬全体に強い痛みが出現し、頬や首までパンパンに腫れてしまいます。

この病気を「蜂窩織炎(ほうかしきえん)」と言います。

蜂窩織炎にかかると、痛みより口が開けられずご飯が食べられなくなったり、首まで腫れてしまったりします。
最悪の場合、呼吸困難に陥ってしまうため、入院してもらい治療や栄養管理を行います。

蜂窩織炎は重度の智歯周囲炎であり、まず点滴で抗生物質や栄養治療を行います。

首まで腫れてしまい呼吸困難になった場合は「気切」といって喉元に切開をいれてチュープを挿入し呼吸ができるようにすることもあります。

血液検査の値が安定し日常生活を送れるようになったら退院し、痛みや腫れがひいたときに後日抜歯を行います。

 

1-5.歯並びの変化

親知らずが横向きに生えている人の場合、何年もかけて全体の歯並びが変化してしまうことがあります。

これは、親知らず以外の永久歯が生えそろい、歯並びがある程度確定した後に、親知らずが生えてくるため、せっかくの歯並びを崩してしまう事に起因します。

横を向いた親知らずは歯の頭のほう(根っこと逆側)に向かって移動しようとするため、歯列を中心に向かっておしていきます。

目に見えるスピードではありませんが、5年、10年たって歯並びが変わってしまったという方もいます。

 

まとめ

親知らずに違和感があるまま放置することは危険です。

大事な仕事時や旅行中、特に女性では妊娠中など親知らずが突然痛くなっては大変ですし、歯科医院受診が難しい場合もあります。

強い痛みや腫れという明らかな自覚症状がなくても、違和感がある場合は、早めに主治医に相談することをお勧めします。

スポンサーリンク

ハーツデンタルクリニック医療法人社団

ハーツデンタルクリニック医療法人社団

投稿者プロフィール

ハーツデンタルクリニックは、皆さまに寄り添い、皆さまの立場で考え、実行する歯科医院を実現するべく設立しました。皆さまが生涯を通して「食事を楽しみ」「周囲を気にせず笑い」「人生を幸せに暮らすことができるよう」努めております。

他にこんな記事も読まれています

地域別おすすめ歯医者

北海道・東北
関東
甲信越
北陸
  • 富山
  • 石川
  • 福井
東海
関西
中国
四国
九州・沖縄
  • 福岡
  • 佐賀
  • 長崎
  • 大分
  • 熊本
  • 宮崎
  • 鹿児島
  • 沖縄

ピックアップ記事

  1. yatsuka
    「草加せんべい」が有名な草加市は、東京都足立区に隣接し、埼玉県内でも有数の人口により特例市に制定…
  2. 八千代市のおすすめ歯医者5選
    住宅団地発祥の地でもある千葉県八千代市は、県内でも7番目の人口を有する市です。市内には東葉高速鉄道、…
  3. dentist_1346T
    印旛地域の中でも最も東京寄りにある千葉県白井市は、都内へ通勤する人も多くいます。その反面、梨の栽…
歯科助手でプロを目指すなら、オフィスウエーブ

SSL対応



ページ上部へ戻る