災害時の液体歯磨きとオーラルケア
災害時の液体歯磨きとオーラルケア

災害時には、非常時のため、歯磨きをしたくてもできないことがあります。

しかし基本的に虫歯や歯周病等を予防して、お口の中を健康に維持するためには、毎日のオーラルケアが大切です。

そのために災害時の液体歯磨きが注目されています。
ここでは、災害時の液体歯磨きのメリットとオーラルケアについて説明します。

スポンサーリンク

1.災害時になぜオーラルケアが必要になるのでしょうか?

上述のとおり、一日でも歯磨きをしない日があればそれだけで、虫歯や歯周病にかかるリスクは上がります。

災害時には、過度の不安やストレス、栄養不足や睡眠不足などから、多くの方が体力や免疫力が低下させます。

虫歯や歯周病、特に歯周病ではそういった体力が落ちてきたときに、炎症が急性化して病状が急激に進行する、痛みや腫れなどの急性症状がみられやすくなります。

さらに、災害時には被災地やその周辺の歯科医院も休診している場合も多く、歯科治療を受診すること自体が困難な場合も予想されます。

よって、災害時には、普段の生活以上に口腔内ケアをご自身で十分に行う必要があります。

2.災害時のオーラルケアはどうしたらいいか?

災害時には、歯ブラシや歯磨き剤が手元にないなど様々なシチュエーションが考えられます。
以下に災害時に留意しておくべきことを説明します。

2-1.歯ブラシがあれば口の中をきれいにできる

まず、基本的に歯磨剤はなくても、清潔な歯ブラシがあれば、十分に口の中をきれいな状態に保てるという事を覚えておいて下さい。

2-2.口の中をできるだけ酸性状態にしない

災害時には多くの間食を控えて、必要な栄養をできるだけまとめて摂取するようにしましょう。

なぜなら、何かを口にするたびに口腔内pHは酸性に傾き、歯が溶けて虫歯になりやすい状態となるからです。

また、一日に何度も間食をすると、その度に口の中は酸性に傾くので、一日のトータルでみると、口の中が酸性に傾いている時間が長くなってしまい、虫歯になるリスクが上がってしまいます。

また、食事の際はできるだけたくさん咬むようにしましょう。

というのも自浄作用といって、歯には物を嚙むたびに、上の歯と下の歯がこすれあい、歯の表面の食べかす落とす機能があり、食べ物を咀嚼する回数を多ければ多いほど、歯の表面はきれいになります。

余談ですが、上の歯と下の歯が嚙み合っていない箇所や、歯と歯の間に虫歯ができやすい原因のひとつとしてこの自浄作用が働いていないという事があげられます。

また、よく噛むことによって、唾液腺が刺激され、口の中に唾液がよく出てくるようになります。

唾液には緩衝作用と言って、酸性に傾いた口の中をもとの中性の状態に戻そうとする働きや虫歯菌を抑える働きがあるので、口の中に十分な唾液が存在している状態というのは、理想的な状態といえます。

2-3.災害時に適した食べ物、避けた方がいい食べ物

災害時には、できるだけ野菜スティックのようなシャキシャキしたものをとるようにして下さい。
シャキシャキした食べ物は、噛むたびに他の汚れも一緒に落としてくれます。

反対に、キャラメルなどの粘着力のある食べ物は歯の表面に残りやすいので、できるだけ避けるようにして下さい。

炭酸飲料は、オーラルケアという点からみれば、極力避けたいところです。
というのも、炭酸飲料は酸が強く、口の中を酸性の状態にして、よりいっそう歯を危険な状態にさらすことになります。

甘みを摂取するのであれば、口の中を健康な状態に保つためにも、キシリトール入りのガムを噛むのがお勧めです。

ガムを噛むことによって、唾液の流出が促される事に加えて、キシリトールは虫歯菌が出した酸によって溶けだした歯の再石灰化を助けて、虫歯菌に対しても殺菌効果があると言われています。

そういう点から、災害時用のバックのなかにキシリトール入りのガムを準備しておくのも一計だと思います。

2-4.災害時でもできることはする

歯磨きが最も大切という事を冒頭で説明しましたが、歯ブラシが手に入らない場合は、フロスや、うがい、指磨きなど口の中をできるだけ清潔に保つために、できることは何でもするようにしましょう。

3.災害時の液体歯磨きの効果とはどのようなものでしょうか?

災害時にはたびたび水不足が大きな問題となります。

水がなくても歯磨きはできますが、口の中が乾燥した状態でブラッシングすると、ブラッシングによって歯の表面や歯肉をきずつけやすくなります。

そういった時に、液体歯磨きは上述の懸念を補うため、災害時に最適でものであり、水不足でも口の中を快適な状態に保てるようになります。

使用法は、最初に液体歯磨きで口の中をゆすぎ、その後ブラッシングをするという、いたって簡単な手順です。

液体歯磨きもいざという時のために、災害バックにいれて置くべきものと言えるでしょう。

まとめ

まずは、災害時に苦しい思いをしないように、普段から口腔内の健康に気をつけて生活していくようにしましょう。

そして、災害時に備えて、液体歯磨きと、未使用の歯ブラシは災害グッズの中に常備しておくことをお勧めします。

また、災害時は食事が満足にとれず、時間も不規則になりがちですが、口に優しい非常食も常備するようにし、いざという時でもできるだけ通常と同じ時間で食事をとるようにしましょう。

ハーツデンタルクリニック医療法人社団

ハーツデンタルクリニック医療法人社団

投稿者プロフィール

ハーツデンタルクリニックは、皆さまに寄り添い、皆さまの立場で考え、実行する歯科医院を実現するべく設立しました。皆さまが生涯を通して「食事を楽しみ」「周囲を気にせず笑い」「人生を幸せに暮らすことができるよう」努めております。

スポンサーリンク

他にこんな記事も読まれています

地域別おすすめ歯医者

北海道・東北
関東
甲信越
北陸
  • 富山
  • 石川
  • 福井
東海
関西
中国
四国
九州・沖縄
  • 福岡
  • 佐賀
  • 長崎
  • 大分
  • 熊本
  • 宮崎
  • 鹿児島
  • 沖縄

ピックアップ記事

  1. 歯のホワイトニングは一度施術したら、それからずっと白い歯が維持されるわけではありません。 …
  2. 「草加せんべい」が有名な草加市は、東京都足立区に隣接し、埼玉県内でも有数の人口により特例市に制定…
  3. 八千代市のおすすめ歯医者5選
    住宅団地発祥の地でもある千葉県八千代市は、県内でも7番目の人口を有する市です。市内には東葉高速鉄道、…
  4. 印旛地域の中でも最も東京寄りにある千葉県白井市は、都内へ通勤する人も多くいます。その反面、梨の栽…
歯科助手でプロを目指すなら、オフィスウエーブ

ホットガールズ

ホットガールズ

SSL対応



ページ上部へ戻る