マウスピース矯正は出っ歯やすきっ歯(すきっぱ)にも効果があるの?

マウスピース矯正は出っ歯やすきっ歯(すきっぱ)にも効果があるの?
マウスピース矯正は出っ歯やすきっ歯(すきっぱ)にも効果があるの?

矯正治療はワイヤーを使う方法が一般的ですが、最近では透明なマウスピースを使う方法もよく用いられるようになり人気となっています。

ここでは、マウスピース矯正の治療法や適応できる条件等について説明します。

スポンサーリンク

1.マウスピース矯正とは

マウスピース矯正は透明なマウスピースを装着することにより取り替えながら歯並びを治していく治療法です。

歯型をPCに取り込み、PC上で理想的な歯並びになるように、少しずつ動かしながらマウスピースを作製します。マウスピースを順番通りに使うことによって歯並びが治す治療法です。

2.マウスピース矯正の特徴

2-1.治療期間

治療期間はおおよそ1年~3年といわれ、症例により異なりますが、ワイヤーを使う一般的な矯正治療と同じくらいの期間になります。

2-2.マウスピース矯正治療費

マウスピース矯正治療はマウスピースを作りかえていくことによって歯並びを変えるため、移動量が多ければ多いほど必要なマウスピースの数は増えます。

一般的には軽症例では30万円前後~、歯並びを変える移動量が多く難しい症例だと100万円を超えることもあります。

2-3.出っ歯、すきっ歯を治すことができる

マウスピース矯正の特長として、奥歯の噛み合わせにはあまり問題がなく、前歯の歯並びが気になる方に向いた治療法です。
程度にもよりますが、出っ歯、すきっ歯等、審美面でお悩みの方にも行える治療法です。

3.マウスピース矯正のメリット

3-1.矯正治療が目立たない

一番のメリットは他人に気づかれずに歯並びを治すことです。

一般的な矯正治療は歯に装着するワイヤーが目立ちますが、マウスピース矯正で使うマウスピースは透明のため、周りからはほとんど分からず、写真も気にせず撮ることができます。

3-2.装置の付け外しが可能

一般的な矯正治療で使われるブラケットという装置は、歯の表面に接着剤でつけるため、食事時も外さずそのまま食べます。

そのため、食べた直後は、うがいや歯磨きをしないと、人と会話できないほど、食べカスがワイヤーにひっかかったり、はさまったりします。

また、ワイヤーがあると歯と歯の間がとても磨きづらく、歯磨きをしても汚れがたまってしまい矯正治療中に深い虫歯になってしまう人もいます。

マウスピース矯正は、食事の時にマウスピースを外すことができるため、食事や歯磨きを普段どおりに行うことができます。

4.マウスピース矯正の注意点

4-1.マウスピースを1日20時間以上使う必要がある

マウスピース矯正では、マウスピースを付けていないと歯を動かすことができないため、食事や歯磨き以外は必ずつけておく必要があります。

マウスピースは指示された時間通りの使用を守らないと、動いた歯が戻ってしまい、治療がうまくいかず、治療期間が必要以上に伸びてしまうことがあります。

また、マウスピース矯正は、歯科医師まかせではなく、ご自分で自発的に行わなければ、失敗してしまう可能性があります。

4-2.抜歯が必要な症例では適応が難しい場合がある

例えば、出っ歯の場合、ただ単に歯並びががたついているのではなく、並んでいる歯に対して上顎の歯列のスペースが小さいために、結果的に出っ歯になってしまっているケースがあります。

このケースの場合、歯列に歯がきれいに並ぶよう、抜歯により歯列のスペースを確保する場合があります。

抜歯をすると歯を大きく動かす必要がありますが、マウスピース矯正は、大きなねじれやズレがあると、マウスピースの数が増えるため、多くの時間がかかってしまいます。
そのため、他の治療法より期間や費用が多くかかってしまうことがあります。

抜歯を伴う場合や、大きなねじれがある場合には、先にある程度の期間、従来のブラケット矯正で凸凹を治してから、マウスピース矯正を行います。

半年から1年程度ブラケット矯正で凸凹を治すだけで、治療期間を大幅に短縮することができます。

4-3.奥歯までしっかり噛み合わせができないこともある

マウスピース矯正は、マウスピースが噛み合う部分を覆うため、上下の歯をしっかり噛ませながら治療をすることができません。

したがって、奥歯の噛み合わせまでしっかり噛み合うように歯並びを整えることができない場合があります。

奥歯を大きく動かしたりする場合は、ワイヤーで部分的に奥歯の噛み合わせを改善してから、マウスピース矯正を行うようにします。

まとめ

マウスピース矯正は目立たず、出っ歯、すきっ歯の方にも矯正治療を行えるメリットがありますが、逆に従来のワイヤー矯正治療でないと、適応が難しいケースもあります。

矯正を行うのであれば、従来のワイヤー矯正とマウスピース矯正の両方を行える歯科医院を選ばれることをお勧めします。

その歯科医院であれば、従来のワイヤー矯正とマウスピース矯正のメリット・デメリットを説明し、あなたの症例にあった矯正治療を提示してくれます。

ハーツデンタルクリニック医療法人社団

ハーツデンタルクリニック医療法人社団

投稿者プロフィール

ハーツデンタルクリニックは、皆さまに寄り添い、皆さまの立場で考え、実行する歯科医院を実現するべく設立しました。皆さまが生涯を通して「食事を楽しみ」「周囲を気にせず笑い」「人生を幸せに暮らすことができるよう」努めております。

スポンサーリンク

他にこんな記事も読まれています

地域別おすすめ歯医者

北海道・東北
関東
甲信越
北陸
  • 富山
  • 石川
  • 福井
東海
関西
中国
四国
九州・沖縄
  • 福岡
  • 佐賀
  • 長崎
  • 大分
  • 熊本
  • 宮崎
  • 鹿児島
  • 沖縄

ピックアップ記事

  1. 歯のホワイトニングは一度施術したら、それからずっと白い歯が維持されるわけではありません。 …
  2. 「草加せんべい」が有名な草加市は、東京都足立区に隣接し、埼玉県内でも有数の人口により特例市に制定…
  3. 八千代市のおすすめ歯医者5選
    住宅団地発祥の地でもある千葉県八千代市は、県内でも7番目の人口を有する市です。市内には東葉高速鉄道、…
  4. 印旛地域の中でも最も東京寄りにある千葉県白井市は、都内へ通勤する人も多くいます。その反面、梨の栽…
歯科助手でプロを目指すなら、オフィスウエーブ

ホットガールズ

ホットガールズ

SSL対応



ページ上部へ戻る