ビタミンA、B、C、口内炎を早く治すビタミンはどれ?

ビタミンB1, B2, B3, B5, B6, B7, B12
ビタミンA、B、C、口内炎を早く治すビタミンはどれ?

「口内炎」といえば、ビタミン不足が原因の一つであることはよく知られています。
しかし、「どのビタミンが効くのか?」と聞かれると、答えられない人が多いのではないでしょうか。

ここでは、口内炎を1日でも早く治すのに効果的なビタミンの種類と、ビタミンの口内炎への作用について説明します。

 

スポンサーリンク

1.口内炎に一番効果的なビタミンの種類と効果

1-1.口内炎に効果のあるビタミン

口内炎では、多くのビタミンの中でも「ビタミンB群」が効果が高いと言われています。

1-2.口内炎に一番効果があるビタミンB

ビタミンB群は、「代謝ビタミン」とも呼ばれています。
さまざまな種類のあるビタミンB群の中で、皮膚や粘膜を守る効果があるとされるビタミンBは、「ビタミンB2」です。
無論、口内炎にもビタミンB2は有効に作用します。

1-3.ビタミンB2が口内炎に効く理由

ビタミンB2は脂質をエネルギーに変えることで、皮膚や粘膜の成長を促進するとされています。
そのため、ビタミンB2が不足すると、口内炎ができやすくなったり、できた口内炎が治りにくい原因になるだろうと考えられているのです。

1-4.実はピンポイントで効くビタミンは無い?!

ビタミンB群はいくつか種類があります。口内炎にはビタミンB2が効くと考えられていますが、実は1種類を集中的に摂取しても効果を発揮しにくいのです。そこでビタミンB群(B1,B2,B6など)として、なるべく1回の食事でバランスよく摂取することが重要です。

1-5.不足しがちなビタミンB群

現代では、ビタミンB2は加工食品などの普及により、食事で摂取することが難しい状況になっています。
また、ビタミンB群は飲酒やストレスを溜めることで大量消費されてしまうため、不足しがちになりやすいのも特徴と言えます。

1-6.口内炎に効果を期待するときはサプリメントで!

ビタミンは、種類を問わず体内に蓄積しておくことは難しいです。
食事で摂取が難しい場合はビタミン剤などのサプリメントを上手に活用して、ビタミンB群を補いましょう。

 

2.ビタミンB以外のビタミンでも口内炎に効果がある?

口内炎に一番効果があるのは「ビタミンB」と言うことがわかりましたが、その他のビタミンはどうなのでしょうか?

 

2-1.ビタミンAの作用と口内炎への効果

ビタミンAの作用として一番有名なのは「目の機能を正常に保ち、夜盲症を防ぐ効果」です。
さらに、ビタミンAは皮膚や粘膜を守る効果も持ち併せていることから、粘膜の疾患である口内炎にもある程度効果があると考えられています。

2-2.ビタミンCの作用と口内炎への効果

ビタミンCは、おそらく最も有名なビタミンだと思います。
ビタミンCは、美肌効果があることが良く知られており、壊血病や白内障の予防にも効果があるとされています。
しかしながら、ビタミンCは口内炎への直接的な治癒効果はあまり期待できません。

2-3.口内炎の治療にはビタミンA、Cは必要ない?

口内炎の治癒促進という視点では、ビタミンBが一番効果の高いビタミンかもしれません。しかしながら、どのビタミンにも、少なからず免疫力を高める作用が備わっているのです。
口内炎は身体の免疫力が低下している時期に細菌感染しやすいことが原因で引き起こされることもあります。口内炎の予防と考えれば、どのビタミンも効果的と言えると思います。

 

3.ビタミンを効率よく摂取できる方法とは

ビタミンは種類ごとに特徴があります。口内炎を早期に治すためには、「いかに効率よくビタミンを摂取するか」が重要です。

 

3-1.多くのビタミンを摂取することは難しい

前述のとおり、ビタミンは体内に蓄積しておくことは難しいです。また体内でビタミンを作り出すこともできません。
食事でたくさんの種類のビタミンをバランスよく摂取することができれば理想なのですが、現実には、一度の食事で多くのビタミンを摂取することは難しいと言えるでしょう。

3-2.ビタミンの働きを妨げることを控えましょう

口内炎を早く治るようにするには、ビタミンが体に効率よく働くようにすることが大切です。
具体的には、体内に取り込まれたビタミンを奪ってしまうアルコールやタバコなどの刺激物、糖分の多い食べ物、辛い食べ物、濃い味付けの料理などは控えるようにしましょう。

3-3.サプリメントを取り入れるなどの工夫を!

たくさんのビタミンを摂取するには、サプリメントなどを上手に活用していきましょう。単体ビタミンのサプリメントよりも、マルチビタミンのほうがさまざまなビタミンを摂取でき、治癒促進効果が期待できます。

 

まとめ

口内炎に効果が高いビタミンはビタミンB2と言われていますが、ビタミンB2だけ摂取してもあまり効果は期待できません。
さまざまなビタミンを一緒に摂取して、それぞれの特性を活かした方が良いでしょう。

ビタミンは、食事で一度に摂取するのは難しいので、「マルチビタミン」のサプリメントを食生活の中に上手に組み入れて、体全体の免疫力を高めて、口内炎治癒を促進していきましょう!

スポンサーリンク

ハーツデンタルクリニック医療法人社団

ハーツデンタルクリニック医療法人社団

投稿者プロフィール

ハーツデンタルクリニックは、皆さまに寄り添い、皆さまの立場で考え、実行する歯科医院を実現するべく設立しました。皆さまが生涯を通して「食事を楽しみ」「周囲を気にせず笑い」「人生を幸せに暮らすことができるよう」努めております。

他にこんな記事も読まれています

地域別おすすめ歯医者

北海道・東北
関東
甲信越
北陸
  • 富山
  • 石川
  • 福井
東海
関西
中国
四国
九州・沖縄
  • 福岡
  • 佐賀
  • 長崎
  • 大分
  • 熊本
  • 宮崎
  • 鹿児島
  • 沖縄

ピックアップ記事

  1. yatsuka
    「草加せんべい」が有名な草加市は、東京都足立区に隣接し、埼玉県内でも有数の人口により特例市に制定…
  2. 八千代市のおすすめ歯医者5選
    住宅団地発祥の地でもある千葉県八千代市は、県内でも7番目の人口を有する市です。市内には東葉高速鉄道、…
  3. dentist_1346T
    印旛地域の中でも最も東京寄りにある千葉県白井市は、都内へ通勤する人も多くいます。その反面、梨の栽…
歯科助手でプロを目指すなら、オフィスウエーブ

SSL対応



ページ上部へ戻る