塩で口内炎を治す方法とその効果とは

口内炎は塩で治る?
塩で口内炎を治す方法とその効果とは

痛みによる不快感で悩まされる口内炎。出来てしまったら1日も早く治したいものです。
「口内炎には塩が効く」と言われていますが、はたして本当なのでしょうか?
ここでは、塩で口内炎を治す方法とその効果が単なる民間療法としてなのか、本当に根拠があるものなのか説明します。

1.そもそもなぜ「口内炎には塩」なのか?

傷口に塩分がしみた時の激痛!
誰もが経験したことがあると思います。身近なものでも、食事中に醤油などの「塩」を含む調味料がしみてしまった時の痛さといったらありません。
そんな「塩」を治療に使うメリットがあるのでしょうか?

1-1.「塩」が口内炎治療に有効だといわれるのは…

「塩」にはいくつかの菌に対する殺菌効果があります。その中には、口腔内の細菌やウイルスも含まれることから、口内炎の治りを促進すると考えられているのです。

1-2.塩にはなぜ「殺菌効果」があるの?

野菜を塩もみすると、水分が出てきてやわらかくなります。
あの作用と同じように、塩が細菌内部の水分を奪うため、細菌の生命活動が阻害されてしまい、結果として殺菌効果が生じると言われています。

1-3.早く治るには口内炎の原因にも関係

塩自体に口内炎を治す作用があるというよりも、塩の効果によって口腔内環境を改善されることで、治癒効果が高まるとお考え下さい。
ですから、歯磨き不良などにより細菌やウイルスなどが増え、口腔環境が悪く、治りを遅らせている場合には、塩は有効であると言えます。

2.塩の用途とその効果や痛みの度合い

では、口内炎を1日でも早く治すために「塩」をどう使えば有効的なのでしょうか?また、その効果や痛みの度合いはどうでしょうか?

ここでは、家庭で出来る口内炎のケアについてご紹介します。

2-1.口内炎に効く塩の使い方とは?

塩の使い方は、患部に直接接触させる方法と、塩水でうがいする2つの方法があります。
使用する塩の種類は、効き目という意味では精製塩が良いでしょう。他の成分が混ざったもの(味シオなど)はおすすめできません。

2-2.直接接触させる方法

塩を患部に数十秒のせたままにした後でうがいをします。塩が直接患部に接触するため、後述の塩水でのうがいよりも効果が早いとされています。
しかし、塩を直接擦り込むのはかなりの激痛を覚悟する必要があります。
また、塩の粒は意外と大きく固いため、物理的に傷口をさらに傷つけてしまう可能性があります。
擦り込むのではなく、優しく乗せる程度で良いでしょう。

2-3.塩水でうがいする方法

10%濃度の食塩水(コップ1杯90ccのぬるま湯に10gの塩)でブクブクうがいをします。口腔内の殺菌作用が期待され、口内炎の治りを促進すると言われています。
直接接触よりも痛みは少ないですが、塩分が含まれているので、ある程度はしみるでしょう。

2-4.洗口液を併用すると効果UP!

口内炎が治っても、口腔内の状態が悪ければ再発することもあります。塩を使ったケアも行いながら、殺菌成分入りのうがい薬や洗口液(マウスウォッシュ)でのブクブクうがいが効果UPにつながります!

2-5.どれくらい早く治るの?

通常治るのに1週間~10日かかる口内炎ですが、塩を患部に直接接触する方法を頑張って実施すれば、2~3日で治ると言われています。
また、ある実験によると、20秒のブクブクうがいを3回行うと、やらない場合に比べて、口腔内の細菌を10分の1に減らすことができ、効果が3時間以上持続したというデータがあります。

うがいのほうは、日頃からの口内炎予防にも活かせると思います。

3.塩を使った治療法でも改善が見られない場合は…

すべての口内炎に塩が効くという訳ではありません。口内炎はさまざまな要因から発生します。中には体の不調を知るサインとなる場合もあります。
もし、塩を使った治療法を試しても改善が見られない場合は、使用を中止し、歯科医院へ相談しましょう。

3-1.治りが悪い場合、どんな病気が考えられる?

疲労や免疫力が低下している場合に発生する「アフタ性口内炎」が挙げられます。
「アフタ性口内炎」は寝不足やストレスなどの体調不良、暴飲暴食、ビタミン不足、ホルモンバランスなどが原因とされており、これらの生活習慣が改善されないと、塩の効果は十分に発揮できない可能性があります。

3-2.物理的な改善が必要な場合も…

体調も万全で口腔環境も清潔にしているのに、何度も口内炎が同じ場所にできるという場合は、「カタル性口内炎」が疑われます。
「カタル性口内炎」は、入れ歯や矯正器具が常時同じ場所に当たることによる刺激、噛み合わせの関係で同じ場所を噛んでしまうなどが原因で起こります。
これらは根本原因を改善しない限り再発してしまいます。

まとめ

口内炎はできてしまうと不快な時期が続いてしまいます。
口内炎を早く治すのに、塩が有効だということをお伝えしましたが、反面強い痛みを伴うこと、塩は決して万能ではないことは忘れないで下さい。
大事な事は、日頃から口内炎ができにくいお口の環境を整えておくことです。
口内炎の治りが悪いときは自己判断せず、歯科医師に相談しましょう!

ハーツデンタルクリニック医療法人社団

ハーツデンタルクリニック医療法人社団

投稿者プロフィール

ハーツデンタルクリニックは、皆さまに寄り添い、皆さまの立場で考え、実行する歯科医院を実現するべく設立しました。皆さまが生涯を通して「食事を楽しみ」「周囲を気にせず笑い」「人生を幸せに暮らすことができるよう」努めております。

この著者の最新の記事

関連記事

地域別おすすめ歯医者

北海道・東北
  • 北海道
  • 青森
  • 岩手
  • 宮城
  • 秋田
  • 山形
  • 福島
関東
甲信越
北陸
  • 富山
  • 石川
  • 福井
東海
関西
  • 滋賀
  • 京都
  • 大阪
  • 兵庫
  • 奈良
  • 和歌山
中国
四国
九州・沖縄
  • 福岡
  • 佐賀
  • 長崎
  • 大分
  • 熊本
  • 宮崎
  • 鹿児島
  • 沖縄

ピックアップ記事

  1. ポリリン酸でのホワイトニングのメリット・デメリットとは?
    歯のホワイトニングに関心のある方なら「ポリリン酸」という言葉を耳にしたことがあるのではないでしょうか…
  2. 歯周病対策のための歯ブラシの仕方と選び方(かたさ・毛先)
    歯周病対策として効果的な歯磨きとはどんな方法なのでしょう。 また、その際使用する歯ブラシはどんな…
  3. 重曹うがいの歯のホワイトニングに対する効果とは?
    一部テレビなどのメディアで、重曹を歯ブラシの毛先につけてブラッシングを行うと、数週間で歯が白くなると…
ページ上部へ戻る